ecoja(エコじゃ)│環境ジャーナルWeb
TOP 内外ニュース 中国地域ニュース イベント・セミナー・募集 環境ジャーナル とっておきリンク

データライブラリー


エネルギー
温暖化
リサイクル
環境保全
エコ製品
環境経営・環境報告書
エコカンパニー
ISO14001認定企業
エコアクション21認定企業



住環境
エコライフ
スローフード
食育
田舎ぐらし
エコ商品



環境学習
エコクラブ
表彰・助成
工場見学
セミナー



グリーンツーリズム
市民農園
自然体験
フォト・川柳・エッセイ
道の駅・朝市
イベント



環境法規
リサイクル法
環境用語
本・資料
スペシャリスト
NPO・NGO


中国地域ニュース
健さんの水の旅日記
水素水って何?本当に身体にいいの?


 水もしたたる男の健さんが、齢で枯れつつ水もしたたらず、舌もしたたらず残尿のみしたたるが、名水・名酔を求め歩き廻る。
 水素水なる水が評判だ。アトピー、老化、認知症、肥満予防に良いといわれるが本当?名水技術士健さんの評価、つれづれケンコー(健康)ではグレー判定。


(佐々木 健  広島国際学院大学 教授)

>>続きを読む


食生活なんでも110番
我が家の野菜計画

 何年経っても野菜作り一年生の私ですが、夏からの野菜高になんとか対応しようと考えて、兎に角簡単に作れて、緑栄養価の高い黄色野菜をと考えて種子を選びました。
 小さな人参、ターサイ、小松菜の3種を買い求めて、種蒔きをしたら、程よく芽吹いてくれるだろうと期待して、それぞれを全部を蒔きました。

(湯川 和子)

>>続きを読む

新コラム「カンキョウ」
芸術を 『天狗芸術論』から学ぶ

 美学を生涯の専攻に選んで、もう四分の三世紀になる。広島大学を退官してからも20年近くなる。実験設備をもたず、大型の機器を必要としない、思索と言葉だけがたよりの学問だから、できることなのである。もっとも、美学は哲学の一分科だといっても、芸術からいつも養分をえている。だから、思索の場所を芸術に求める。

(金田 晉(かなたすすむ) 美学者(東亜大学大学院特任教授・広島大学名誉教授)

>>続きを読む

約束列車
男のクラブ 珈琲(案)


 それは4年前。地区の女性より「男はひとりよがり(特にシニア男性は)、社会活動がいまいち!」と言われたことから始まりました。“ヨッシャ、それなら”と奮起。燃える男を見せようと「自分が磨ける事・社会に役立つ事」をスローガンに公民館活動で募集。応募8名でテーマを話あったところ、コーヒーが良い!奥深い、リラックスで話がはずむ、地域の人が集まる。

(北村経済研究所  北村隆雄)

>>続きを読む


コラムやまぐち
入場無料

 山口市の観光で一番最初に挙げられるのは何と言っても国宝・瑠璃光寺五重塔だろう。二番目は常栄寺雪舟庭で、全国的に有名なものはこの2つだ。
 まず、五重塔だが、1442年に建立され、約600年弱の年数が経過した現在でも荘厳な姿を見ることができる。日本三名塔のひとつにも数えられていて、五重塔ではナンバーワンの人気を誇る。

(入江 正敏  元・テレビ山口報道製作局長 山口メディア研究所代表)

>>続きを読む




環境ジャーナル表紙



会社概要著作権についてプライバシーポリシー広告掲載についてお問い合わせ

2007, The Ecology Journal. All rights reserved.